若い世代の発症者が増えている糖尿病|早めに症状に気づこう

早期発見で進行を防ごう

hospital

リウマチを治療するには、早期発見して早めに対処するのが重要なポイントとなります。世田谷には、リウマチの専門医がいる病院が多くあります。気になる症状がある場合は、信頼のおける医師にまず相談してみましょう。

Read More

十二指腸に出来るがん

women

十二指腸がんは、がんの中でも発症が稀で原因不明のことが多いですが遺伝による影響が考えられます。検査は内視鏡での判断になるので、異変を少しでも感じたら内科や消化器内科を受診して診断してもらうようにします。

Read More

初期のうちに生活改善を

men

静かに進行する病

糖尿病には2種類の型があり、1型の方は自己免疫疾患が原因です。これは年齢に関係なく発症するために、もし発症したら継続的なインスリン注射治療が必要になります。多くの糖尿病患者は、2型とされる生活習慣病などが原因で発症するタイプです。これらは中高年になると発症すると思われがちですが、食生活の変化に伴い、10代から20代といった若い層にも糖尿病患者は増加しているのです。ただし、糖尿病は初期症状が表れにくいとも言われています。ほとんど自覚症状が現れない場合も多く、気づいたときにはだいぶ病気が進行していたということも多く注意が必要です。一般的な初期症状としては、のどの渇き、急な体重の増減、手足のしびれ、むくみ、体のだるさ、眠気などがあげられますから、これらの症状に気づいたときには血糖値の値を見守ることが必要です。

隠れ予備軍にも注意

糖尿病の検査では、空腹時の血糖値を測ります。このときに血糖値が正常範囲値よりも少し高いと要注意であり、糖尿病予備軍と呼ばれます。しかし、この空腹時血糖値が正常でも糖尿病予備軍の人がいます。いわゆる隠れ糖尿病と呼ばれる人です。この予備軍の人は、空腹時の血糖値は正常なのに、食事を摂ると血糖値が急激に上がってしまうのです。インスリンの働きに異常があるとみられています。これらの症状がある人は、食後に異常なまでにだるさや眠気を感じたり、食後2時間もしないのにお腹がすくといった症状が表れます。お腹がすくから間食が増えるといった生活を送っていると、いずれ予備軍ではなく本当に糖尿病となることは間違いありません。一般的な予備軍の人も、隠れ予備軍の人も、生活習慣を見直すことで発症は抑えることが出来ます。まずは食生活の改善と定期的な運動によって発症を抑えるように努力しましょう。

RECOMMENDED SITES

  • その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

    糖尿病の初期症状が出始めたら、早急に対策を行ないましょう。このサイトには、詳しい情報が揃っています。まずはチェック。

女性特有の病気

male and female

若い女性に増えつつある子宮頸がんですが、早期に発見できれば怖い病気ではありません。治療では外科手術や放射線治療などが行われます。これらは組み合わせることによって、より高い治療効果を発揮すると言われています。

Read More